ミッションヒルズゴルフクラブ・レッドベターコース (海外) コースレイアウト

トップ >海外 >海外 >ミッションヒルズゴルフクラブ・レッドベターコース >コースレイアウト


ミッションヒルズゴルフクラブ・レッドベターコース
みっしょんひるずごるふくらぶ・れっどべたーこーす

ミッションヒルズゴルフクラブ・レッドベターコース
みっしょんひるずごるふくらぶ・れっどべたーこーす

総合評価

評価なし
  0.0
所在地
海外 NO.1 Mission Hills Road Shenzhen China
高速道

OUT

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ベント  黒  448  556  197  386  338  578  386  475  363  3,727 
金  423  522  173  358  325  547  341  447  326  3,462 
青  401  501  156  331  311  510  318  390  303  3,221 
白  374  480  156  302  298  469  318  353  278  3,028 
赤  244  455  115  253  268  437  300  328  257  2,657 
PAR 37 
ハンディキャップ 10  14  18  12  16  -
ドラコン・ニアピン推奨ホール                   -

IN

(単位 : Y)
グリーン ティー 10 11 12 13 14 15 16 17 18
ベント  黒  130  409  479  605  198  420  183  541  425  3,390 
金  117  385  462  573  175  389  165  524  375  3,165 
青  107  365  448  552  149  360  163  492  356  2,992 
白  107  345  432  506  149  360  163  459  337  2,858 
赤  97  318  382  439  118  269  146  421  318  2,508 
PAR 35 
ハンディキャップ 17  13  11  15  -
ドラコン・ニアピン推奨ホール                   -

総距離

18H

OUT・IN  ベント:7,117Y

ホール攻略法: OUT

OUT・1 OUT・2 OUT・3

【PAR】 4  【距離】 ベント:401Y

スターティングホールは難易度の高いミドルコースで、グリーンまでやや右ドッグレッグする。グリーンまでホールが駆け上がる可能性はあるが、バンカーに囲まれているので要注意。グリーン左側は特にバンカーが多い。ピンが左奥にある場合、技術を要求される。

【PAR】 5  【距離】 ベント:501Y

高台から打ち下ろすランディングエリアの左側にはバンカー群があり、右から左へのドッグレッグが強いられるランディングエリアは、ティーから見るよりは広い。そこからは上り坂で、グリーンの左と右奥は巧みに配置されたバンカーに囲まれている。グリーンは若干の段があるがそれ程脅威にならない。

【PAR】 3  【距離】 ベント:156Y

密林を背景にしたこのショートホールのフェアウェー入り口は広々としているが左が激しく落ち込んでいる。右を狙えば、フェアウェーセンターに転がる

OUT・4 OUT・5 OUT・6

【PAR】 4  【距離】 ベント:331Y

距離が短く、ダウンヒルのミドルホール。グリーン手前を大きなバンカーが妨げるので、2打目は正確なショットが要求される。大きなショットはリカバリーが難しい。安全にプレーするならば、2打目を左から右に打ち、スロープを利用してグリーンへ転がそう。短いが、危険なホール。

【PAR】 4  【距離】 ベント:311Y

このミドルホールは返しの打ち上げで、平均的距離だが、やや長めに打つ。右から左にドッグレッグしているが、ティーショットは長く右寄りに打ち、グリーンを狙いやすい位置に持っていくのが賢明。グリーンは比較的広いが、手前にある小さなバンカーが2打目の狙い場所を限定する。

【PAR】 5  【距離】 ベント:510Y

ランディングエリアを十分過ぎた場所で小川が横断し2打目のランディングエリアの左を流れさらにグリーン手前で折り返し横断する。2打目のランディングエリアは広く安全だが3打目を計算に入れてから2打目を打とう。ロングヒッターはツー・オンが可能で、平均的に打つプレイヤーも無理をしなければ比較的易しいホール。

OUT・7 OUT・8 OUT・9

【PAR】 4  【距離】 ベント:318Y

この比較的長いミドルホールは高台になっているフェアウェーへの打ち上げとなり、高くそびえる丘の斜面を背景にしたグリーンへと進む。広いフェアウェーの左から攻めればグリーンへオンできるが、右側にはバンカー配されている。コース中、最も素晴らしい景色を持つこのホールはきっと記憶に残るだろう。

【PAR】 4  【距離】 ベント:390Y

長く厳しいこのホールは、ティーグラウンドから急降下のため、距離から想像するよりは早く終わる。グリーンはバンカーに囲まれ、左端が特に多い。安全に右から攻めて、スロープを利用して左に転がそう。

【PAR】 4  【距離】 ベント:303Y

短いが激しいこのホールでは、高台のティーグラウンドからやや狭いランディングエリアへ打ち下しとなるため、正確なティーショットが要求される。果敢に攻めるなら、ドライバーを使っても良い。その場合は、右側のバンカー越えを狙い、短いアプローチショットへ繋げよう。草木が生茂ったスロープを背景にしたグリーンへは、上り坂となる。バンカーに囲まれたグリーンは段とスロープがある。


ホール攻略法: IN

IN・10 IN・11 IN・12

【PAR】 3  【距離】 ベント:107Y

崖の縁にあるショートホール。左側のバンカーは、ボールが崖の下にある渓谷に落ちないように設置されている。グリーンは数段になっており、ピンが右奥にある場合は、ポットバンカー越えか、奥から斜面を利用して転がす以外寄せられない。そんな難しいピンポジションも可能である。このホールはそれ程難しくはない。

【PAR】 4  【距離】 ベント:365Y

ティーグラウンドから見ると、やや難関そうに見えるが、右側は見た目より開けた安全エリアがある。フェアウェー左端にあるバンカー群が、不安のない限りできるだけそれを越えて打つことを要求している。そうすることによって、右側の多くのバンカーを避け、左からグリーンへ最も攻めやすいアングルを得られる。グリーンの右はバンカーが多数あり、手前のバンカーは実際よりグリーンに近く見える。

【PAR】 4  【距離】 ベント:448Y

長くて上り坂!間違いなくこのコースで一番難しいミドルホールだろう。フェアウェーは広くバンカーもないので、ドライバーを思い切って打ってみよう。グリーン右側はバンカーがあるので、2打目は左を狙おう。ここでスコアを稼いで次のホールへ進もう。

IN・13 IN・14 IN・15

【PAR】 5  【距離】 ベント:552Y

このホールでは、高台のティーグラウンドからまず広く開けたエリアに打ち下ろし、その後急な右へのコーナーに直面する。グリーン右側はバンカーがあるため、2打目はややリスクはあるが、バンカーのある左を狙おう。勇敢なロングヒッターなら、鋭角なフェアウェーをうまく利用してショートカットできる。

【PAR】 3  【距離】 ベント:149Y

距離が長く、やや上り坂のホール。このホールは、右から左にドローしていくボールに優しくできている。グリーンの右手前は開けていて、低いティーショットでもランニングで乗せることが出来るからである。左と右後方にバンカーがあるため、ある程度正確なティーショットを要求されるが、賢いプレイヤーはミスショットでも救われる右手前を利用するだろう。

【PAR】 4  【距離】 ベント:360Y

打ち下ろしのホール。最も良いティーショットはドライバーでないかも知れない。主な落下地点は台地になっているフェアウェーで、そこに止めるべきだからである。そこから急激に右に曲がり森と湖を背景とするグリーンへきつい打ち下ろしになる。良い所にティーショットを落とせばあとはグリーンまで短いロフトのあるクラブを残すのみである。賢く刻むことにしよう。

IN・16 IN・17 IN・18

【PAR】 3  【距離】 ベント:163Y

★名物ホール★この平均的距離のショートホールは深い渓谷越えにプレーすることになる。グリーンの両側はクリークが流れそれが渓谷に大きな滝をつくっている。草木の密生した斜面、高架する岸壁、流れ落ちる水、そしてそびえ立つ山々などこのホールの景色は同伴プレーヤーとのシャッターチャンスが多数ある。

【PAR】 5  【距離】 ベント:492Y

ダブルドッグレッグで上りのロングホール。ランディングエリアは広々としているが、その後すぐに急に上り坂となり狭くなる。フェアウェーから見るとグリーンは小さく見えるが、実際は広いので思い切って打てる。また、グリーンとその手前のバンカーは見た目よりも距離があるので騙されないように。グリーンの後ろはフェアウェーと同じ刈り込みとなっているため、長めのクラブで狙えばあとは簡単な寄せのチャンスがある。

【PAR】 4  【距離】 ベント:356Y

ティーショットの狙いどころが狭く、やや難易度の高いホール。グリーンへ最も良いアングルを残すには、左狙いの正確なティーショットが要求される。ティーショットの当たりが良ければフェアウェーでのボールの転がりも増えるが、低地のフェアウェーからグリーンまではかなりの高低差が残る。グリーンはバンカーに囲まれており、特に右側はガードが固いため、技術を要する。距離は長くはないが、難しいラストホール。


コースレート

JGA/USGAコースレーティング情報がありません。