高室池ゴルフ倶楽部 (兵庫県) コースレイアウト

トップ >近畿 >兵庫県 >高室池ゴルフ倶楽部 >コースレイアウト


高室池ゴルフ倶楽部
たかむろいけごるふくらぶ

高室池ゴルフ倶楽部
たかむろいけごるふくらぶ

総合評価

  4.5
所在地
〒673-1472 兵庫県 加東市上三草字中山1132-2
高速道
中国自動車道・ひょうご東条 15km以内

OUT

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ベント  バック  362  421  531  178  428  425  344  206  536  3,431 
レギュラー  331  404  506  162  421  404  331  181  518  3,258 
フロント  316  382  491  150  401  372  307  161  501  3,081 
レディース  296  348  467  124  379  314  285  126  479  2,818 
PAR 36 
ハンディキャップ 15  13  17  11  -
ドラコン・ニアピン推奨ホール               -

IN

(単位 : Y)
グリーン ティー 10 11 12 13 14 15 16 17 18
ベント  バック  360  569  397  362  186  421  211  442  378  3,326 
レギュラー  338  547  375  334  169  402  185  420  366  3,136 
フロント  316  517  336  302  139  402  163  398  330  2,903 
レディース  305  478  313  277  123  376  146  377  305  2,700 
PAR 35 
ハンディキャップ 16  10  14  12  18  -
ドラコン・ニアピン推奨ホール               -

総距離

18H

OUT・IN  ベント:6,757Y

ホール攻略法: OUT

OUT・1 OUT・2 OUT・3

【PAR】 4  【距離】 ベント:331Y

広々とした打ち上げで、やや左ドッグレッグのミドルホール。 レギュラーティから見ると、左の林が微妙に気になり、 右バンカーに打ち込んでしまいがちなので要注意! 上級者は左の林越えを狙いたいところだが、林を越えると 全長25mのバンカーが隠されているのでくれぐれも慎重にショットしたい。 ティショットがフェアウェイキープ出来れば良いスコアが期待できるだろう。

【PAR】 4  【距離】 ベント:404Y

軽い左ドッグレッグの竹林があるミドルホール。 フェアウェイを右に外すと右のラフが下り斜面になっているため、 グリーンから遠ざかり狙いにくくなる。 左にはバンカーが効いているため、ティショットのコントロールには 十分に注意したい。 ティショットは飛距離よりも落としどころが決め手となる。

【PAR】 5  【距離】 ベント:506Y

右ドッグレッグのロングホール。 ロングヒッターは右の林ぎりぎりを狙いフェアウェイのセンターへ。 セカンドショットは右の池とアプローチを考えて左目を狙うが、 狙い過ぎるとバンカーが待っている。 更にアプローチは右傾斜のダウンヒルから6個のバンカーに 守られたグリーンを攻めるため、かなりの神経を使う。 グリーンは奥行きがなく横に広いためアプローチの距離は正確に!

OUT・4 OUT・5 OUT・6

【PAR】 3  【距離】 ベント:162Y

広々としたホールだが落とし穴は幾つも隠されている。 それぞれのティからミドルアイアンでの勝負であるが、 風が吹き抜けやすく大きめのクラブでゆったりと風に負けない 球筋で攻めたい。 グリーンは左下がりで、左サイドは深いバンカーが半円形にガード。 かといって右サイドに乗せると下り傾斜となるためバーディチャンスが 3パットの危険も含む。

【PAR】 4  【距離】 ベント:421Y

2打目から打ち下ろしのミドルホール。 両サイドの松がグリーンに迫っているため、グリーンが小さく見えて 距離を合わせ難く、セカンドショットのコントロールがスコアを左右する。 難関はこのホールの魅力でもある個性的なグリーン。 手前から奥へ下っており、落としどころが掴めない。 周囲の景色で傾斜が読み難くパターに慎重さが要求されるホール。

【PAR】 4  【距離】 ベント:404Y

右ドッグレッグのミドルホール。 左からフェードで攻めたいが、距離が出ないと2オンは難しい。 更にグリーンの左右はバンカーがガードし、距離と正確な方向が 必要とされる。 上級者以外は無理に2オンを狙わず、花道からのアプローチで 確実に攻めたい。

OUT・7 OUT・8 OUT・9

【PAR】 4  【距離】 ベント:331Y

距離は問題のないように思えるが、ティショット・セカンドショットともに 正確さが要求される。 フェアウェイは右に行くほど低く、かなりの打ち上げとなり グリーンからも遠くなる。 グリーンの右手前には3個のバンカーが並び、グリーン手前半分は 奥に向って下り傾斜と考えていい。 ドライバーで振り回すか、ポイントを決めて打つかが分かれ目。 狙いとクラブ選びに気をつけたい。

【PAR】 3  【距離】 ベント:181Y

緻密な読みが必要とされる池越えのショートホール。 距離感が合いにくいが、まず池を吹き抜ける風を計算に入れる。 距離を確認し、少し大きめのクラブでセンターを狙いリラックスして打つ。 全体にグリーンが受けているため、奥からのパッティングは難しく、 出来れば手前から攻めたい。

【PAR】 5  【距離】 ベント:518Y

雄大な景色の中へ伸び伸びとショットが出来るロングホール。 ロングヒッターなら2オンを狙いたいところだが、池越えとなる。 アベレージゴルファーならセンターに運び、3オンでパーを狙うが、 グリーン周りには9個のバンカーがあり、特に手前のバンカーは 深いため慎重にショットしたい。 グリーンには中央より手前に微妙なアンジュレーションがあり、 ピンの位置によっては最後まで気が抜けない。


ホール攻略法: IN

IN・10 IN・11 IN・12

【PAR】 4  【距離】 ベント:338Y

やや打ち上げのミドルホール。 セカンド地点はフェアウェイが左傾斜しているため左に行きやすい。 左に落とすと打ち上げがきつくなって距離もあわせにくく、 グリーン左手前がバンカー越えとなり難度が増すので、確実に フェアウェイ右に落としたい。 比較的小さいグリーンは横長でセカンドショットは距離を正確に!

【PAR】 5  【距離】 ベント:547Y

安全策を選ぶか、賭けをしてみるか、上級者にとっても攻略性のあるロングホール。距離は長く、幾つも落とし穴があり、かなりの好条件が揃わない限り2オンは難しい。ストレートヒッターには問題ないが、左右マウンドの上からの2打目は悩むはず。フェアウェイにも微妙なアンジュレーションがあり、グリーン周りも林で囲まれているので、ウッドを振り回すよりも右手前エプロンからおとなしく寄せていくのが一番の安全策。

【PAR】 4  【距離】 ベント:375Y

池越えで左ドッグレッグのミドルホール。 左サイドにOBが迫り、フェアウェイも左傾斜になっているため、 ショートカットより、ポイントを決めて広い右に打つ方が安全策 かもしれない。 グリーン周りにはガードバンカーが大きく開いており、2打目の残りの 距離を考えて打つ必要がある。

IN・13 IN・14 IN・15

【PAR】 4  【距離】 ベント:334Y

距離は短いがコントロールが要求されるミドルホール。 左には大きいバンカーと谷、右にはバンカーと池があるので、 落としどころを間違えると傷は大きくなるばかり。 ここは狙ったポイントに確実に落とす自信があるクラブで 攻めた方が良さそう。 ティショット・セカンドショットともにコントロールが重視される、 戦略性のあるホール。

【PAR】 3  【距離】 ベント:169Y

左ガードバンカーは顎が高く、また右ラフからは砲台になり グリーンが見えにくくアプローチが難しいので、確実に1オン したいショートホール。 グリーンは右傾斜の軽い二段となっており、1オンしてもピンの 位置で微妙なタッチが要求される。 最後まで油断できない攻略しがいのあるホール。

【PAR】 4  【距離】 ベント:402Y

右ドッグレッグのミドルホール。 ロングヒッターなら右バンカー越えでフェアウェイキープ可能だが、 アベレージゴルファーは正面竹薮方向が無難。 花道は狭く、グリーン左手前にはバンカーとグラスバンカーが ダブルで待ち構えている。 右にもバンカーがあるため簡単に2オンは狙えない。 無理に2オンを狙うよりも花道からのアプローチが正解か。

IN・16 IN・17 IN・18

【PAR】 3  【距離】 ベント:185Y

グリーン奥に竹林があり、やや距離の長いショートホール。 グリーン左手前が低くなっており、距離を気にして力むと設計者 の術にはまる。 グリーンは横長でセンターから左右に傾斜が分かれているため、 ピン位置で左面か右面かを決めて攻めないと、3パットを覚悟 しなければならない。

【PAR】 4  【距離】 ベント:420Y

年数の経た風格さえ感じる長めのミドルホール。 飛距離に自信があれば右の二本松を狙ってショートカットしたいが、 少しでも右に曲がると林に入ってしまう。 平坦なようで微妙なアンジュレーションのあるフェアウェイにも 注意しながら、セカンドショットは長めのクラブで大胆に攻めたい。

【PAR】 4  【距離】 ベント:366Y

距離よりも正確性が求められるミドルホール。 右の2個のバンカーが落下地点を狭くしてプレッシャーを与え、 見た目にも落とし穴が隠されているように見える。 左は深い窪地でグリーンが見えず、まずここには落としたくない。 慎重にティショットを打つことが18番を攻略する秘訣。 グリーンは5個のバンカーに囲まれており、最後まで緊張感を 緩めることが出来ない。


コースレート

コースの組み合わせ:アウト×イン

/表示の場合(前半9H/後半9H)
グリーン ティー JGA/USGA
コースレーティング
ヤード
男性 女性 男性 女性 男性 女性
ベント バック バック 72.8 - 6,775 -
レギュラー1 レギュラー1 71.2 77.6 6,457 6,457
レギュラー2 レギュラー2 69.2 75.3 6,041 6,041
フロント フロント 67.9 73.9 5,796 5,796
レディース レディース - 72.3 - 5,518