沼津国際カントリークラブ (静岡県) コースレイアウト

トップ >関東 >静岡県 >沼津国際カントリークラブ >コースレイアウト


沼津国際カントリークラブ
ぬまづこくさいかんとりーくらぶ

沼津国際カントリークラブ
ぬまづこくさいかんとりーくらぶ

総合評価

  4.1
所在地
〒410-0001 静岡県 沼津市足高字尾上441-334
高速道
東名高速道路・沼津 5km以内 /新東名高速道路・長泉沼津 5km以内

富士コース

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Agreen  バック  522  204  394  373  411  368  563  180  393  3,408 
レギュラー  498  183  368  341  387  340  532  165  365  3,179 
Bgreen  バック  508  176  362  351  405  355  545  160  385  3,247 
レギュラー  484  155  336  319  381  327  514  145  357  3,018 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール           -

箱根コース

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Agreen  バック  497  348  190  487  399  393  218  432  359  3,323 
レギュラー  459  338  176  472  378  357  179  391  340  3,090 
Bgreen  バック  470  315  167  493  397  366  208  423  360  3,199 
レギュラー  432  305  153  478  376  330  169  382  341  2,966 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール           -

天城コース

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
Agreen  バック  320  362  313  336  184  510  188  528  381  3,122 
レギュラー  301  341  281  322  172  476  159  500  343  2,895 
Bgreen  バック  313  338  293  308  184  478  181  480  345  2,920 
レギュラー  294  317  261  294  172  444  152  452  307  2,693 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール           -

総距離

27H

富士コース  Agreen:3,408Y   Bgreen:3,247Y

箱根コース  Agreen:3,323Y   Bgreen:3,199Y

天城コース  Agreen:3,122Y   Bgreen:2,920Y

ドラコン推奨 : 富士:5、箱根:17、天城:4

ニアピン推奨 : 富士:8、箱根:16、天城:7

ホール攻略法: 富士コース

富士コース・1 富士コース・2 富士コース・3

【PAR】 5  【距離】 Agreen:498Y Bgreen:484Y

ゆったりとした上りのロングホール。左がOBなので右側から攻めたい
フェアウェーが広いので、セカンドは豪快にウッドで攻めると良い
グリーン付近は上り傾斜になる為、砲台グリーン用に高めのボールを打っていきたい。
グリーン後ろからのアプローチはかなりの難易度になる為、手前から攻めるのがポイント

【PAR】 3  【距離】 Agreen:183Y Bgreen:155Y

やや距離のあるショートホール。イメージ的には、グリーン奥にオンさせる感じで
ティーショットは打ちたい。グリーンはやや砲台状となっている。
グリーン奥は広いアプローチになっているが、下り傾斜へのアプローチとなり
かなり難しい。

【PAR】 4  【距離】 Agreen:368Y Bgreen:336Y

上りのミドルホール。フェアウェー左斜面にボールをぶつけるイメージで狙い
クロスバンカーを避けるのがベスト。右側林はOBゾーン
セカンドは強いアップヒルになるので、クラブの番手に注意。10Yは多くみたい

富士コース・4 富士コース・5 富士コース・6

【PAR】 4  【距離】 Agreen:341Y Bgreen:319Y

打ち下ろしの短いミドルホール。風は左サイドアゲンストが多い。
左右がOBで狭いが距離は短い。ドライバーで強いボールを打つか、アイアンで堅く
レイアップするかをはっきりイメージさせないと失敗する。
グリーン面がやや硬いので、きっちりアイアンショットを打ちたいホール。

【PAR】 4  【距離】 Agreen:387Y Bgreen:381Y

緩やかな打ち下ろしのミドルホール。1st.ショットの落としどころに両サイドバンカーが配置されている。グリーン周りもバンカーで囲まれており、全体的にバンカーとの戦い
となるホール。風は左サイドのアゲンストが多い。

【PAR】 4  【距離】 Agreen:340Y Bgreen:327Y

ゆったりと上るミドルホール。正面クロスバンカーが効いているホールであり、ロングヒッターは右側林の上を越えるビックボールを打っていきたい。
グリーン周りが狭くOBとなりやすい為、セカンドを短いクラブで打てるかがポイントと
なるホール

富士コース・7 富士コース・8 富士コース・9

【PAR】 5  【距離】 Agreen:532Y Bgreen:514Y

ゆったりと打ち下ろしていく左ドックレックロングホール。
右側林が錯覚で遠く見えるが、距離がなく突き抜ける危険がある。
ロングヒッターは左バンカー上を狙うか、正面からドロー系で攻めるのがベスト。
風も左に巻くことが多いホール。セカンドを狙うか、刻むかの選択をはっきりさせるのが
スコアメイクのカギ。

【PAR】 3  【距離】 Agreen:165Y Bgreen:145Y

 やや上りのショートホール。グリーン手前アリソンバンカーは身長より高いアゴがある。
距離は短めのホールなので、クラブの選択にだけ注意が必要。
グリーンが全体的に受けているので、やや大きめに打っていきたい。

【PAR】 4  【距離】 Agreen:365Y Bgreen:357Y

打ち下ろしのミドルホール。風がフォローの場合、セカンドが100Yをきれる可能性もある。フェアウェーも下り傾斜の為、右側クロスバンカーに入れないのが最大のポイント。左サイドはOBゾーンだが、右サイドは隣ホールの為ノーペナルティーなので
最大限に利用したい。


ホール攻略法: 箱根コース

箱根コース・1 箱根コース・2 箱根コース・3

【PAR】 5  【距離】 Agreen:459Y Bgreen:432Y

打ち下ろしのロングホール。全体的に右傾斜のフェアウェーと競り出した林の障害を
さける為に、左サイドから攻めるのがベスト。距離の短いロングホールなので2nd.の
攻め方が大きくスコアを左右する。両グリーン共に左サイドアプローチがショットしやすくなっている。

【PAR】 4  【距離】 Agreen:338Y Bgreen:305Y

打ち下ろしのミドルホール。距離が短いだけに多くの罠が潜んでいる。
まず、左右がOBゾーンとなっている。フェアウェーが円形に刈られており、それを外すと全てラフからのショットとなる。グリーンは傾斜が強く速い為、オンさせる場所によっては3パットの警戒もしなくてはいけない。ロングヒッターは1オンを狙える距離なので
攻めてみるのも面白い。

【PAR】 3  【距離】 Agreen:176Y Bgreen:153Y

やや打ち上げのショートホール。距離が長めでアゲンストの風もよく吹く難易度の高い
ホール。まずはオンさせる事を優先的に考え、ユーティリティーやショートウッドも選択肢に入れていきたい。アプローチが非常に難しくなってしまう為、中途半端な場所なら
バンカーからの方がボールが止まってよい。

箱根コース・4 箱根コース・5 箱根コース・6

【PAR】 5  【距離】 Agreen:472Y Bgreen:478Y

やや左ドックレックのフラットなロングホール。セカンドショットが大変重要なホール。
グリーン手前が盆地になっている為、2オンを狙ってショートするとピンが見辛く
アプローチに苦しむ。逆にセカンドを刻み、3rd.ショットを100Y残しておくと
非常に狙いやすく、グリーン面が一望できる。

【PAR】 4  【距離】 Agreen:378Y Bgreen:376Y

フラットなミドルホール。中央にある1本木を目標に思い切り打ちたい。
コース全体が左側にひらけているので、ややドローなボールを打つのがベスト
グリーン手前はバンカーも無く花道となっているので、転がしでもオンさせていける

【PAR】 4  【距離】 Agreen:357Y Bgreen:330Y

フラットなミドルホール。27H中、最も難しいグリーンを持つホール。
フェアウェー右サイドは斜面となっているので少々曲げてもボールが落ちてくる。
左サイドはすぐOBの為注意。とにかくパーオンさせてパッティングに集中したい

箱根コース・7 箱根コース・8 箱根コース・9

【PAR】 3  【距離】 Agreen:179Y Bgreen:169Y

距離の長いショートホール。バックティーから210Y以上あり、グリーン周りも
狭い為かなりの技術がようされる。グリーンも微妙なアンジュレーションがあるので
ティーグランドからは点で目標を作らなければいけない

【PAR】 4  【距離】 Agreen:391Y Bgreen:382Y

距離の長いミドルホール。フェアウェーも狭くティーショットが要になる。
やや右にドックレックしている為、ティーショットを右サイドにつけると
グリーンに対してスタイミーになる。右側クロスバンカーにも注意。
ミドルホールの中では最も難易度が高いホール

【PAR】 4  【距離】 Agreen:340Y Bgreen:341Y

やや左ドックレックのミドルホール。ティーショット落とし所に左右バンカーが
配置されている。全体的に距離は短い為、ハザード類に気をつければサービスホールとも
とれる。バーディーを狙うには最高のラストホールだ。


ホール攻略法: 天城コース

天城コース・1 天城コース・2 天城コース・3

【PAR】 4  【距離】 Agreen:301Y Bgreen:294Y

きつい打ち下ろしのミドルホール。ティーグランドからグリーンまでの高低差が数十メートルにもなる名物ホール。距離は短く、正確なショットを打てばロングヒッターでなくとも1オンに挑戦できる。正面からややフェードで攻めるか、最初から右側林の上を
ショートカットにドライブするかはプレーヤー次第

【PAR】 4  【距離】 Agreen:341Y Bgreen:317Y

打ち上げのミドルホール。ティーグランドからフェアウェーまでが谷となっており
ある程度の飛距離が求められる。グリーン周りにハザード等はないが、セカンドの上りを
上手く計算してクラブを選択したい。グリーン奥はスペースがあるので、ピンをデットに
強気に攻めたいホール。

【PAR】 4  【距離】 Agreen:281Y Bgreen:261Y

距離の短いミドルホール。多様な攻め方ができるホールで、プレーヤーの性格が特にでる。ドライバーでティーショットを狙うとオーバーする可能性もある。アイアンでフェアウェーセンターにレイアップし、セカンドでピンを狙うのがお薦め。左右は勿論OBゾーンとなり、ラフも長めにセッティングされているのでウェアウェー以外ならグリーン手前
バンカーがベスト。最大のバーディーホールであり、最大のダボホールでもある。

天城コース・4 天城コース・5 天城コース・6

【PAR】 4  【距離】 Agreen:322Y Bgreen:294Y

緩やかな右ドックレックのミドルホール。バックティーからは雄大な渓谷越えのショットとなる。全体的に錯覚を起こし右のOB谷へ打ち込みやすい。左サイドから攻めるのがポイント。鹿の群れがよく横断する名物さもあり、自然にぶつかっていきたくなるようなドラコン向きの気持ちの良いホールだ

【PAR】 3  【距離】 Agreen:172Y Bgreen:172Y

距離のあるショートホール。景色も難易度もトップクラスの名物ホール
大きく口を広げた渓谷越えを要求され、風も谷から吹き上げてくるので
アイアンの選択が非常に難しい。グリーンも小さめでアプローチの技術がスコアに
影響する。まずはティーショットの落とし場所が肝心

【PAR】 5  【距離】 Agreen:476Y Bgreen:444Y

左ドックレックのロングホール。正面林が遠く見えるが実は近く、ロングヒッターはフェアウェーセンターからややドローボールを打つイメージが必要
フェアウェー左サイドはひらけているので安全。
2オンが狙えるロングホールで、真っ直ぐ攻めれば十分バーディーも狙える。

天城コース・7 天城コース・8 天城コース・9

【PAR】 3  【距離】 Agreen:159Y Bgreen:152Y

フラットなショートホール。小さな盆地越えのティーショット。グリーン周りに
多少アンジュレーションが強い為、1オンさせてからじっくりパターで攻めたい。
飛距離もそれ程ではなく、プレーヤーにとっては癖の少ないホールといえる

【PAR】 5  【距離】 Agreen:500Y Bgreen:452Y

距離のあるロングホール。距離に加え全体的にフェアウェーがタイトな作りとなっている。ティーショットの落とし場所のフェアウェー幅が20〜25Yしかなく、更にそこからS字に蛇行しているのでボールコントロールが要となる。
グリーン面積は小さいが、その分オンしてしまえば癖の少ないパッティングとなる
1打目、2打目がスコアに大きく影響してくるホール

【PAR】 4  【距離】 Agreen:343Y Bgreen:307Y

打ち上げのミドルホール。フェアウェーが広くティーショットは思う存分叩いていきたい。セカンドからグリーンにかけてかなりのアップヒルになるが、グリーン周りがひらけているので積極的にピンを狙っていきたい。
グリーンも全体的にはそれ程癖がない形状をしている。


コースレート

JGA/USGAコースレーティング情報がありません。