ときの郷ゴルフクラブ (新潟県) コースレイアウト

トップ >北陸 >新潟県 >ときの郷ゴルフクラブ >コースレイアウト


ときの郷ゴルフクラブ
ときのさとごるふくらぶ

ときの郷ゴルフクラブ
ときのさとごるふくらぶ

総合評価

評価なし
  0.0
所在地
〒952-0431 新潟県 佐渡市大小724-2
高速道

OUT

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ベント  BACK  361  165  311  361  159  306  547  339  496  3,045 
REGULAR  315  153  295  346  147  293  514  327  486  2,876 
FRONT  304  137  295  330  147  281  492  327  474  2,787 
LADYS  261  110  250  291  80  245  444  312  441  2,434 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール                   -

IN

(単位 : Y)
グリーン ティー 10 11 12 13 14 15 16 17 18
ベント  BACK  384  153  355  530  478  164  435  319  306  3,124 
REGULAR  359  141  341  516  462  148  416  303  290  2,976 
FRONT  337  129  325  503  449  131  399  288  273  2,834 
LADYS  319  129  325  503  416  131  363  252  273  2,711 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール                   -

総距離

18H

OUT・IN  ベント:6,169Y

ホール攻略法: OUT

OUT・1 OUT・2 OUT・3

【PAR】 4  【距離】 ベント:315Y

■ティーショット
カート路より左はOBです。FWが左傾斜なので、中央より右の山裾が狙いです。
■セカンド
グリーン奥はOBのため、手前の花道から攻めるとよい。
■グリーン
奥につけると順目の下りで早いため、手前からのパッティングで攻めたい

【PAR】 3  【距離】 ベント:153Y

■ティーショット
グリーン右手前に池と段差があり、攻めにくいショートホール。風向きに注意して、左花道から攻めたい。
■グリーン
全体的な傾斜は奥から手前に受けるグリーンである。グリーン左奥かの下り傾斜は特に強いので要注意。

【PAR】 4  【距離】 ベント:295Y

■ティーショット
右ドッグレッグのミドルホール。右側に池とFW右側も右傾斜のため、スライス系の球は要注意。220Y以上打つとFWを突き抜けるので、IPフラッグの220Yを狙いたい。
■セカンド
角度によっては、浮島グリーンに打つ様な形になるので、距離感と方向性、風向きに注意する。若干の打ち下ろしのため距離感は少し短めにするとよい。
■グリーン
全体的な傾斜は奥から手前の受けグリーン。左奥からの傾斜は、見た目より早いので注意。

OUT・4 OUT・5 OUT・6

【PAR】 4  【距離】 ベント:346Y

■ティーショット
左側がOBで、。FWも左傾斜のため、右の山裾狙いが安全。
■セカンド
ガイドポールを目印に、右サイドの法面から落とすぐらいがよい。また、打ち下ろしのため距離感に注意する。
■グリーン
奥から手前の受けグリーン。左奥から右手前が傾斜のため、手前からはスライスラインである。

【PAR】 3  【距離】 ベント:147Y

■ティーショット
グリーンセンターのヤード計測のため、ピンが右に切ってある時は5Y減、左に切ってある時は5Y増で打つとよい。グリーン奥の山に風が当たるため、旗の向きに惑わされない様に風を読みたい。
■グリーン
左手前が一番高い所で、奥に向かって僅かに傾斜している。他のグリーンに比べるとやや遅い。

【PAR】 4  【距離】 ベント:293Y

■ティーショット
打ち上げのミドルホール。キャリーで200Y以上出せれば左のOBが無視出来るので、IPフラッグより左サイド狙い。
■セカンド
打ち上げになる上、見た目よりエプロンの5Y分短く見えるので、距離感に注意して少し大きめで打ちたい。
■グリーン
左右の傾斜はあまりないが、奥からの下り傾斜は強いので手前から攻めたい。

OUT・7 OUT・8 OUT・9

【PAR】 5  【距離】 ベント:514Y

■ティーショット
一見広く見えるロングホールだが、FWが右傾斜のため右サイドに流れると、セカンドが池越えで距離感が難しい。よって左サイド狙い。
■セカンド
右に池、左がOBでホールが右に曲がっているため、狙い所によって距離も方向も変わってしまうので、落とし所を明確にイメージしてからショットすること。
■グリーン
グリーンの右半分が奥のバンカーに向かって傾斜していることに注意してパットする。

【PAR】 4  【距離】 ベント:327Y

■ティーショット
右に池、左サイドOB、IPフラッグ狙いで方向性を重視してティーショットする。
■セカンド
若干の打ち下ろしなので、その分計算に入れて打つこと。グリーンオーバーは、難しいアプローチになるので手前から攻めてバーディーチャンス。
■グリーン
グリーン右手前に大きなマウンドがあるので、ピンの左側からのパッティングで攻めたい。

【PAR】 5  【距離】 ベント:486Y

■ティーショット
キャリーで200Y以上打てる人は正面鉄塔狙い。距離のない人は左法面狙いで行かないとFWが右傾斜のため右の低い所に止まってしまう。
■セカンド
FW全体が右傾斜のため、中央よりやや左サイド狙い。左右にバンカーがあるので、距離を計算してクラブを選択する。
■グリーン
全体的な傾斜は左奥から右手前に向かって下っている。グリーン全体に見づらい小さなマウンドが幾つかあるので、全体の傾斜とのバランスを見ながらラインを慎重に決めたい。


ホール攻略法: IN

IN・10 IN・11 IN・12

【PAR】 4  【距離】 ベント:359Y

■ティーショット
レギュラーティーからIPフラッグまで200Yなので風も考えてIPポイントぎりぎりまでの距離を打つと良い。
■セカンド
花道がグリーンの右半分しか無い上に左サイドに傾斜しているので、ショート目に右サイド狙いか、オーバー目に左サイド狙いか、打つ距離によって狙い目を変えたい。
■グリーン
奥から手前への受けグリーン。グリーンの奥の傾斜が強い為下りを甘く見る人も多いが、意外と傾斜は強いので要注意。

【PAR】 3  【距離】 ベント:141Y

■ティーショット
手前が池、奥がOBで距離の判断が難しい。
■グリーン
奥から手前への受けグリーン。左奥からの傾斜は見た目より早いので要注意

【PAR】 4  【距離】 ベント:341Y

■ティーショット
250Y以上飛ばない限りはグラスバンカー狙いで、250Y以上飛ぶ人はバンカー左へ打たないと危険。
■セカンド
グリーン奥がずくOBなのでオーハーしないように。
■グリーン
若干の傾斜があるが、クセのないグリーンなので、カップを狙って行きたい。

IN・13 IN・14 IN・15

【PAR】 5  【距離】 ベント:516Y

■ティーショット
左ドッグレッグでFWが右に傾斜しているので左の林すれすれを狙って打ちたい。
■セカンド
残り150Y付近からFWが2段になっているのでサードショットの残りの距離を計算してクラブ選択をしたい。
■グリーン
右から左に傾斜している様に見えるが、それほど強い傾斜ではないので、騙されないように注意。

【PAR】 5  【距離】 ベント:462Y

■ティーショット
FWが左に傾斜していて、左が1ペナなので右山裾若しくは右法面狙い。
■セカンド
右ドッグレッグで左傾斜しており、打つ距離を注意して、右方面へ打つと良い。
■グリーン
手前半分が受けていて奥半分が平らなグリーン。手前過ぎると止まってしまうし、突っ込み過ぎると奥へこぼれてしまうので、アプローチが難しい。

【PAR】 3  【距離】 ベント:148Y

■ティーショット
約30mのうち下ろしで、無風状態であれば20〜30Y減で打ちたい。風の強い日は向きと強さに注意して出来るだけ低い球で攻めたい。
■グリーン
全体的には奥から手前への受けグリーン。グリーン中央にマウンドがあるので、場所によっては下り傾斜から入るので注意。

IN・16 IN・17 IN・18

【PAR】 4  【距離】 ベント:416Y

■ティーショット
距離のあるホールなので、飛ばして行きたい。セカンドの事を考えてFW右サイド狙い。
■セカンド
若干のうち下ろしの為その分を計算に入れてクラブ選択を。グリーン左サイドは1ペナなので右目狙いで打ちたい。
■グリーン
奥から手前への受けグリーン。奥方向に長い上に、手前からは見た目以上に上りの傾斜が強いので気を付けたい。

【PAR】 4  【距離】 ベント:303Y

■ティーショット
落下地点が狭くなっているので要注意。飛ばない人は左サイド狙い。飛ばし屋は左がOBになるので右サイド狙いで打ちたい。
■セカンド
残りの距離によって打ち上げの量が変わるので、自分のボールの場所からどの程度の打ち上げなのかを良く判断して打つ距離を決めたい。
■グリーン
18ホール中、1、2を争う難グリーン。小さなマウンドが幾つもあるので、タッチに合わせた曲がり幅でラインを決めたい。

【PAR】 4  【距離】 ベント:290Y

■ティーショット
それ程距離は必要で無いが、左サイドがOBのコース。
■セカンド
グリーン面が見えない程の打ち上げ。グリーンが三段になっているので、ピンと同じ段に距離を合わせて打ちたい。
■グリーン
18ホール中唯一の三段グリーン。それ程大きな段差ではないが、距離感に注意して打ちたい。


コースレート

JGA/USGAコースレーティング情報がありません。