北海道ブルックスカントリークラブ (北海道) コースレイアウト

トップ >北海道・東北 >北海道 >北海道ブルックスカントリークラブ >コースレイアウト


北海道ブルックスカントリークラブ
ほっかいどうぶるっくすかんとりーくらぶ

北海道ブルックスカントリークラブ
ほっかいどうぶるっくすかんとりーくらぶ

総合評価

  4.3
所在地
〒059-1365 北海道 苫小牧市字植苗437
高速道
道央自動車道・苫小牧東 10km以内

OUT

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
ベント  チャンピオン  418  430  434  544  200  410  196  441  557  3,630 
バック  396  430  403  522  180  388  196  413  534  3,462 
レギュラー  370  406  378  486  163  360  174  397  487  3,221 
フロント  347  386  358  467  148  340  146  382  487  3,061 
レディース  321  336  260  432  137  316  139  295  444  2,680 
PAR 36 
ハンディキャップ 15  13  17  11  -
ドラコン・ニアピン推奨ホール               -

IN

(単位 : Y)
グリーン ティー 10 11 12 13 14 15 16 17 18
ベント  チャンピオン  424  551  364  222  456  445  201  558  461  3,682 
バック  400  551  335  195  428  413  169  526  441  3,458 
レギュラー  358  515  335  195  392  395  143  506  385  3,224 
フロント  332  481  309  171  364  381  120  472  368  2,998 
レディス  301  431  283  146  296  346  111  382  330  2,626 
PAR 36 
ハンディキャップ 10  16  14  18  12  -
ドラコン・ニアピン推奨ホール               -

総距離

18H

OUT・IN  ベント:7,312Y

ドラコン推奨 : 9、17番

ニアピン推奨 : 5、16番

ホール攻略法: OUT

OUT・1 OUT・2 OUT・3

【PAR】 4  【距離】 ベント:370Y

広いフェアウェイへ伸び伸びと打っていける。ただし、右サイドの大木を狙ったほうがセカンドがバンカー越えにならずに済む。セカンドは、やや打ち降ろし。グリーン手前から転がしてでもオン可能。グリーン奥のバンカーに捕まると難しいので手前から攻めるのがベスト。

【PAR】 4  【距離】 ベント:406Y

フェアウェイ全体が右に傾斜しているホール。左のスロープを利用して、フェアウェイキープを狙う。フェアウェイは平坦なライなど見当たらない。第2打は、長いアイアンでの難しいショットが必要。グリーン奥は湿原になっているので手前から安全に乗せたい。

【PAR】 4  【距離】 ベント:378Y

フェアウェイ左サイドへ打たなければゲームメイクはできない。右に行くと大きなトラブルに見舞われるが、左サイドからは楽な気持ちでグリーンが狙える。ただし、3番のグリーンは、アンジュレーションがきつくなっているので、グリーンオンしても安心せずにパットは慎重に打たなければいけない。

OUT・4 OUT・5 OUT・6

【PAR】 5  【距離】 ベント:486Y

やや打ち降ろしだが、ティーショットの落とし場所が問題。ティーショットを失敗するようなことになったら大叩きもありうる。第1打は右のバンカー群を避けフェアウェイ左サイドへ、第2打はグリーン花道を狙ってやや右狙い。特に2打は、第3打をどう打つかを考えて、どこに落とすかが重要。

【PAR】 3  【距離】 ベント:163Y

難関の4番を終えると、美しい5番パー3。気持ちよくティーショットが打てるホールです。左サイドと奥にあるバンカーがプレッシャーをかけていますが、気にせずグリーンセンター狙い。グリーン右側の池は、見た目より近いので、ピンが右に切ってある日は細心の注意が必要。

【PAR】 4  【距離】 ベント:360Y

左ドッグでやや打ち降ろしだが、2打目は打ち上げとなる。ティーショットで大きなバンカー越えを狙っていくか、広々としたフェアウェイに右へ落とすか選択しなければいけない。距離的には楽に越えるバンカーだが、プレイヤーにとって視覚的にはかなりの不安を感じさせる誘惑のバンカー。

OUT・7 OUT・8 OUT・9

【PAR】 3  【距離】 ベント:174Y

E・スニード氏が、ナイスルッキングホールと称したホール。ティーから下っていって、グリーンがやや上がっているので、距離感を間違わぬ事。アゲインストの風が吹かなければ、ミドルアイアンで楽にグリーンを捕らえられる。ただし、ピンが右サイドに切ってある日は少々手強い。

【PAR】 4  【距離】 ベント:397Y

難易度で間違いなくベスト3に入るホール。フェアウェイは広いが、右にかなり傾斜している為、左サイドを狙って第1打。距離もあるので2打目が長いクラブになります。第1打第2打とも正確なショットが要求され、グットショットが続いてパーオンが可能。なかなかタフで難しいパー4。

【PAR】 5  【距離】 ベント:487Y

フェアウェイにはひとつもバンカーがないユニークなホール。美しい山並みを眺めながら、豪快にドライバーが打てる。セカンドもセンターを狙って思いきり振れる。勝負はサードショット。左右に長いグリーンを狙った、湿原越えのアプローチがすべて。グリーン周りも狭いので正確なショットが必要。


ホール攻略法: IN

IN・10 IN・11 IN・12

【PAR】 4  【距離】 ベント:358Y

カラ松、白樺の林が美しい10番。フェアウェイはフラットだが、飛距離より正確なティーショットが肝心。右も左も林が近いので、無理せずフェアウェイセンターへ。バンカーはグリーン左に1つあるだけ、2打目はまっすぐ狙っていける。美しい景色を眺めながら、伸び伸びラウンドしたいホール。

【PAR】 5  【距離】 ベント:515Y

右に大きな木、そこには細長いバンカー。第1打は、バンカーを避けて中央か、やや左を狙う。セカンドは左のバンカーを目掛けて正確に打っていく。3打目は7〜8メートル程の打ち上げ、グリーンに乗せるのはそれほど難しくない。自分の距離に合ったポジショニングが必要。

【PAR】 4  【距離】 ベント:335Y

左のバンカー越えを狙って、思い切って飛ばしたい。フェアウェイは右も広いが、グリーンまでの距離が長くなる。セカンドはクリーク越えなので、グリーンまでの正確な距離判断が必要。直接乗せて止まる球を打ちたい。プレッシャーのかかる2打目が成功しても、安心はできない。ここのグリーンは難関。

IN・13 IN・14 IN・15

【PAR】 3  【距離】 ベント:195Y

距離のあるパー3。ウッドクラブでの正確なショットが必要。グリーン手前に左からせり出しているバンカーが曲者。右方向を狙うのがベストだが、グリーン右手前に段があり、ころがって乗るのを妨げる。どのショートホールもそうだが、オーバーすると難しくなるから、手前から安全に攻めるのが重要。

【PAR】 4  【距離】 ベント:392Y

かるく右にドッグレッグしている14番のパー4。葦の密生した湿原を縫うようにレイアウトされている。正面のバンカーを狙って、ティーショットは正確に落としたい。とくに風向きには十分注意が必要。フェアウェイは比較的フラット。セカンドの距離感が難しい。とにかく第1打が最も大事な14番。

【PAR】 4  【距離】 ベント:395Y

右に池を見ながらのティーショットは、無理せずセンターやや右狙い。フェアウェイのセンターより左に行くと、セカンド地点から木立ちがブラインドとなって、グリーンを狙うのが難しくなる。右サイドからはまっすぐグリーンが狙える。1打1打慎重に攻めて、美しくも苛酷な心臓破りの丘を越えていきたい。

IN・16 IN・17 IN・18

【PAR】 3  【距離】 ベント:143Y

大きな池がティーからグリーンまで、右サイドに張りついている。このホールは、しばしばアゲインストの風が吹くので、クラブの選択は慎重に。フルショットするより、ワンクラブ大きめのクラブで手前に落として、転がして乗せる方が得策。右手前のバンカーだけは絶対避けて通りたい。

【PAR】 5  【距離】 ベント:506Y

両サイドが湿原の17番パー5。ティーショットは、フェアウェイセンターへ正確に打っていく。問題はセカンドショット。フェアウェイセンターに点在するバンカーの手前にきざむか、思いきって越えるか。設計者がプレイヤーに問いかけてきます。17番攻略の鍵は、2打目の選択にかかっている。

【PAR】 4  【距離】 ベント:385Y

フェアウェイは広く、ロングドライブほど有利な18番最終ホール。ここは一日の仕上げとして豪快に飛ばしていきたい。ただし、グリーンは4方向からマウンドの傾斜が入り、浮きあがって見える小さなグリーン。最終ホールなので思い切ってグリーンセンターを狙う。成功すれば大きな満足感を得ることができる。


コースレート

コースの組み合わせ:アウト×イン

/表示の場合(前半9H/後半9H)
グリーン ティー JGA/USGA
コースレーティング
ヤード
男性 女性 男性 女性 男性 女性
ベント チャンピオン 未使用 75.7 - 7,312 -
バック バック 74.3 82.0 6,920 6,920
レギュラー レギュラー 71.8 78.5 6,445 6,445
フロント フロント 69.9 76.0 6,059 6,059
未使用 レディース - 71.8 - 5,306