札幌国際カントリークラブ 島松コース (北海道) コースレイアウト

トップ >北海道・東北 >北海道 >札幌国際カントリークラブ 島松コース >コースレイアウト


札幌国際カントリークラブ 島松コース
さっぽろこくさいかんとりーくらぶ しままつこーす

札幌国際カントリークラブ 島松コース
さっぽろこくさいかんとりーくらぶ しままつこーす

総合評価

  4.5
所在地
〒061-1265 北海道 北広島市島松49-5
高速道
道央自動車道・北広島 10km以内

Aコース

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
本グリーン  バック  410  376  564  392  220  400  391  210  569  3,532 
レギュラー  392  348  531  354  192  367  364  190  544  3,282 
レディース  362  310  482  343  132  308  356  145  484  2,922 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール             -

Bコース

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
本グリーン  バック  416  220  388  374  387  600  154  327  507  3,373 
レギュラー  393  194  368  351  340  555  135  305  471  3,112 
レディース  351  168  368  345  321  467  129  300  451  2,900 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール             -

Cコース

(単位 : Y)
グリーン ティー 1 2 3 4 5 6 7 8 9
本グリーン  バック  440  496  170  362  422  220  320  554  428  3,412 
レギュラー  399  472  150  343  390  161  298  504  387  3,104 
レディース  347  454  150  337  322  153  289  495  363  2,910 
PAR 36 
ハンディキャップ -
ドラコン・ニアピン推奨ホール             -

総距離

27H

Aコース  本グリーン:3,532Y

Bコース  本グリーン:3,373Y

Cコース  本グリーン:3,412Y

ドラコン推奨 : A-3、B-9、C-4

ニアピン推奨 : A-5、B-7、C-6

ホール攻略法: Aコース

Aコース・1 Aコース・2 Aコース・3

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:392Y

ティショットの落下地点が左に流れやすく、ラフに入りやすい。また左170〜180ヤードに谷間があるので第1打はやや右を狙うのが良い。2打目は下り坂になるのでダフリやトップに気をつけてグリーン右バンカーをさけること。アプローチでは左からの方がグリーンを大きくとらえやすい。

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:348Y

右ドッグレッグのコースで、クローズド・スタンスになりやすい。しかし右に行っても得はなく思い切って左先方2本の木を目標に打つのがベター。第2打はグリーン左のバンカーを避け、右目に打つこと。グリーンが難しいので、セカンドでのオーバーは避け、手前からのアプローチの方がスコアに結びつく。

【PAR】 5  【距離】 本グリーン:531Y

Aコースでもっとも長いロングホールです。ティショットは左にクロスバンカーがありOBもあるので、フェアウェイの中央からやや右サイドに落とすのが賢明。4オンで良いのですから第2打はフェアウェイの中央に。3打目はグリーンの右のバンカーを避けやや左目が良いようです。グリーンはあまり大きくないので、3打目を確実にグリーン手前にもって来ることがポイントとなります。

Aコース・4 Aコース・5 Aコース・6

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:354Y

このホールの右側には谷間があります。ティショットはその谷間に気をつけ左の白樺を思い切り狙うことです。グリーンの左には大きなバンカーが待っていますので、無理に2オンを狙わず、2打目は打ち上げとなるのでひっかけに注意し、多少右側につけることです。ここは確実に3オンを狙っていく作戦が効を奏します。

【PAR】 3  【距離】 本グリーン:192Y

打ち下ろしのホールだが距離がある。グリーン手前がバンカー。しかもグリーンをオーバーするとOBになりやすい。全体的に左が壁になっているので中央よりやや左目を狙い、壁を利用するという方法もある。

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:367Y

Aコース最大の難ホール。ティショットの落下地点が受けているのでセカンドで距離が残る。またグリーンが浮いているかのように左は浅く大きく傾いている。セカンドショットは打ち上げになり左に行きやすいが、左手前にボールを運ぶ気持ちのほうが良い。アプローチでは、グリーンの芝目が極端に左から右に流れていることに気をつけ、確実に3オンを狙うほうが良い。グリーンも慎重に。

Aコース・7 Aコース・8 Aコース・9

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:364Y

打ち下ろしの左ドッグレッグのホール。左側がOBで、しかもグリーン手前に大きな白樺、楢の木があるので、思い切って右を狙う方が良い。右目に攻めると、セカンドショットでグリーンを正面からとらえやすく、アプローチ次第でパーを取りやすいホール。

【PAR】 3  【距離】 本グリーン:190Y

ショートホールの中では1番の難ホール。グリーン左右がバンカーに囲まれ、手前は右に傾いている。距離もあり右の林に入れることは絶対避けるべき。2オンの気持ちを持って無難に攻める方が、スコアメイクになりそう。

【PAR】 5  【距離】 本グリーン:544Y

左バンカーがあり、しかもフェアウェイの中央が左に傾いていますからティショットは右の白樺を狙ったほうがいい結果を生みます。第3打目で注意しなければならないのは、右にあるクロスバンカーです。また、ラフが相当深いので気をつけなければなりません。左を狙っていくことです。ロングホールですから4オンで良いわけです。3打目の持って行きどころでスコアが決まるコースと言えましょう。


ホール攻略法: Bコース

Bコース・1 Bコース・2 Bコース・3

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:393Y

ティグランドから180ヤードの右側に谷があります。1打目の落下点が狭く感じるのもそのためでしょう。ティショットは右の谷に注意し左を狙ったほうが安全です。左からですとグリーンの前が受けになっているように感じますから2打目が楽です。やや右目に2打目を打って、グリーン手前から3オンを狙うことが確実な作戦と言えるコースです。

【PAR】 3  【距離】 本グリーン:194Y

グリーン手前が全体的に左に傾いているので、右の壁を利用すると良い。左には谷があり絶対に避けるべきです。落とすと2オンも難しい。

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:368Y

ティショットは左右にOBがあり、中央より左を狙うと良い。ティグランドの前に池があり、ボールを上げようとするとダフリやトップになりやすく、意識せず打つと良い。グリーン前が左に傾いているので第2打は右目に打つと次のアプローチなど、グリーンを広く捕えやすい。

Bコース・4 Bコース・5 Bコース・6

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:351Y

ティショットは真中を狙う。セカンドショットに注意。グリーン右とグリーンオーバーはOBが近いので、無理せず3オンを狙う。

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:340Y

ティショットは中央の白樺を目標にすると良い。セカンドショットからダウンスロープになるので右のOBに気をつける。グリーン左側は低くなっているので右目を狙う。

【PAR】 5  【距離】 本グリーン:555Y

ここは島松で1番のロングホールです。ティショットは落下点から右の方に転がりますから中央の白樺よりやや左を狙っていくと良いでしょう。第2打目は打ち上げとなります。ひっかけたり、左のOBも近いので確実に打てるアイアンを使うことです。そして3打目にスプーンかバッフィーで攻めていく方が結果的にはスコアがまとまります。

Bコース・7 Bコース・8 Bコース・9

【PAR】 3  【距離】 本グリーン:135Y

まず、使うクラブの選択を間違えないことです。打ち下ろしでやさしく見えますが、意外にこのようなコースには落とし穴があります。風向きなど使用クラブを間違えるのもその1つと言えましょう。手前に大きなバンカーが待っています。後は受けているので、1つ大き目のクラブを使うことがまずこのコースを攻める最大のポイントと言えましょう。

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:305Y

比較的距離が短く、パーを取りやすい。フェアウェイが広く、思い切り打てる。第2打はグリーン手前が上がっているので近く見えるので、1番大きめに打つことを心がけると良い。

【PAR】 5  【距離】 本グリーン:471Y

ティショットは中央の白樺が目標。セカンドショットはグリーン手前120ヤードが右に傾いているので、やや左目を狙う。第3打はグリーン右バンカーを避け、手前から攻める。アプローチ次第で比較的パーの取れるホール。


ホール攻略法: Cコース

Cコース・1 Cコース・2 Cコース・3

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:399Y

距離が長く、2オンは難しいホール。ティショットは右クロスバンカーを避け、やや左を狙うとよい。グリーン左バンカー。これを避ける意味でも第2打は右の壁を利用したほうが良い。確実に3オンさせる気分で。

【PAR】 5  【距離】 本グリーン:472Y

左ドックレッグのホール。左右OBだが、フェアウェイが右に傾いているので左の壁方向に打つのが正解。その先は逆にグリーン方向から左に傾いているため、第2打は、右狙い。グリーン左手前にバンカーがある。右から攻めた方が、グリーンを広く捕えやすい。

【PAR】 3  【距離】 本グリーン:150Y

左右をバンカーに囲まれ右が大きく谷になっているホール。右に落とすと、入り口が狭いためにボギーも難しい。ティショットは左目に打ち、アプローチで積極的に攻めるのが得策。

Cコース・4 Cコース・5 Cコース・6

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:343Y

距離が短く、比較的パーの取りやすいホール。右にクロスバンカーがあり、さらに大きく谷になっているため、ティショットは左狙い。グリーン奥はOBになりやすく、オーバーは禁物。アプローチが決め手となる。

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:390Y

このホールはティショットの落下点近くの左右に木があったりして心理的に狭く感じます。全体的には左からせめていく方が狙いやすいホールです。1打目は思いきって左側を狙っていくと良い結果をもたらします。2打目もスライスに気をつけてグリーン右のバンカーをさけ左手前に落とすことです。3オンを狙ってあまり無理をしない事がコースを攻めるコツとも言えます。

【PAR】 3  【距離】 本グリーン:161Y

グリーンは左右バンカーに囲まれているが、面積が広く、入り口も広い。右はOB、左は壁となっているので、1つ大きめのクラブを左目に攻めると1オンのチャンスも大いにあるホール。

Cコース・7 Cコース・8 Cコース・9

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:298Y

Cコースでもっとも短いミドルホールですが、右サイドは総てOBになっておりスライスは禁物です。距離がないだけに、いかにティショットをフェアウェイに落とすかがポイントになります。無理にドライバーを使わずとも、アイアンで十分2オン可能なホールです。セカンドショットも短めに花道から転がしていくのが良いでしょう。グリーンオーバーすると、大たたきする危険があるので注意して下さい。

【PAR】 5  【距離】 本グリーン:504Y

左にドッグレッグしているロングホールです。1打目は右のマウンド目がけて打っていくことです。2打目は落下してから右に流れやすいので、やや左を狙っていきます。グリーンは2つのバンカーにがっちりガードされていますので3オンは難しいホールです。グリーン手前から4オンを確実に狙っていくほうがむしろパーに結びつきます。

【PAR】 4  【距離】 本グリーン:387Y

左ドッグレッグのコース。距離もあるので正確なショットでの3オンね狙い。フェアウェイは広いが、右目に打って行くことでグリーンを正面から攻めることが出来る。グリーン左のバンカーにつかまらないように。


コースレート

コースの組み合わせ:A×B

/表示の場合(前半9H/後半9H)
グリーン ティー JGA/USGA
コースレーティング
ヤード
男性 女性 男性 女性 男性 女性
ベント チャンピオン チャンピオン 73.6 80.4 6,915 6,915
レギュラー レギュラー 71.3 77.5 6,406 6,406
フロント フロント 68.4 73.9 5,716 5,716

コースの組み合わせ:B×C

/表示の場合(前半9H/後半9H)
グリーン ティー JGA/USGA
コースレーティング
ヤード
男性 女性 男性 女性 男性 女性
ベント チャンピオン チャンピオン 72.9 79.6 6,785 6,785
レギュラー レギュラー 70.3 76.4 6,217 6,217
フロント フロント 67.7 73.2 5,603 5,603

コースの組み合わせ:C×A

/表示の場合(前半9H/後半9H)
グリーン ティー JGA/USGA
コースレーティング
ヤード
男性 女性 男性 女性 男性 女性
ベント チャンピオン チャンピオン 73.9 80.8 6,954 6,954
レギュラー レギュラー 71.4 77.7 6,397 6,397
フロント フロント 68.7 74.3 5,753 5,753